大塚家具が第1四半期決算を発表、営業損益は赤字に転落

 大塚家具<8186.OS>がこの日の取引終了後、第1四半期(1~3月)決算を発表。売上高134億700万円(前年同期比0.7%減)、営業損益1億4600万円の赤字(前年同期8000万円の黒字)、純利益1億1900万円(前年同期比2.0倍)となった。期前半の天候不順の影響を受けたことに加えて、広告宣伝費や販促費を積極的に投入したため、赤字に転落した。
 なお、13年12月期通期業績予想は売上高570億円(前期比4.5%増)、営業利益12億5700万円(同6.2%増)、純利益7億8800万円(同23.1%増)と従来予想を据え置いている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)