ブレインPが反落、第3四半期は経常利益8000万円

 ブレインパッド<3655.T>が反落。2日の取引終了後、第3四半期累計(7~3月)連結決算を発表しており、売上高14億円、経常利益8000万円(前年同期は四半期決算なし)となったが、第3四半期累計経常利益の通期予想に対する進捗率は24%にとどまっており、これが嫌気されている。ビッグデータ分析の需要拡大に伴い分析案件が多様化することを想定し、汎用的なサービスソリューションの販売に注力。一方、利益面では、今期を「投資の1年」と位置づけ、人材の強化や中国に現地法人を設立するなどを進めており、投資負担がきつかった。なお、13年6月期通期業績予想は、売上高24億7000万円、経常利益3億2900万円(前期は連結決算なし)の従来予想を据え置いている。

ブレインPの株価は9時20分現在1048円(▼22円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)