マクドナルドが反落、4月既存店の13カ月連続マイナスを嫌気

 日本マクドナルドホールディングス<2702.OS>が反落。2日大引け後に4月の月次売上高を発表、既存店では前年同期比3.7%減となったことを嫌気している。4月は前年同月に比較して土日休日が1日少ないこと(既存店売上高で2.7%の影響)が大きく影響しており、その影響を除いた実質的な既存店売上高は、3月と比べて約5%の増加と改善しているが13カ月連続でのマイナスとなっていることで不安感は払拭されていない。同時に発表した今12月期の第1四半期は連結営業利益で33億7100万円(前年同期比53.3%減)を計上している。

マクドナルドの株価は10時10分現在2879円(▼58円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)