<話題の焦点>=株式分割予定銘柄、思惑買いで軒並み急騰

 最近の株価上昇も追い風となり、株式分割実施を発表する銘柄が増加している。これは、東証など全国の取引所が07年に発表した「売買単位の集約に向けた行動計画」で、国内上場の普通株式の売買単位(単元株式数)を100株へ統一することを打ち出しているためだ。このため、売買単位1株(旧5万円額面)を100株にする分割が大半を占めている。

 株式分割は、理論的には株価が上昇する要因ではないが、様々な思惑から上昇するケースが多いのは事実。その思惑とは「分割後に株価が低下→買える投資家が増える→人気が出る→株価が上がる→短期売買目的の投資家が集まる→更に株価が上がる…」という連想が働き、分割発表直後に急騰するケースが多い。

 ところが、最近ではガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765.OS>や、ユーグレナ<2931.T>のように、分割実施後にも株価が一段高するケースも目立っている。以下は、5月、6月に権利落ち日を迎える主な銘柄だ。

◆5、6月の主な株式分割予定銘柄

銘柄(コード)       権利落ち日    比率

アイフィス<7833.T>    5月13日  1→200
イーサポート<2493.OS>   5月29日  1→100
キャンドゥ<2698.T>    5月29日  1→100
アイケイ<2722.OS>     5月29日  1→100
バイク王<3377.T>     5月29日  1→100
メディア5<3824.FU>    5月29日  1→200
ネクス<6634.OS>      5月29日  1→100
サマンサJP<7829.T>   5月29日  1→2
サムシングHD<1408.OS>  6月26日  1→100
ノバレーゼ<2128.T>    6月26日  1→100
PGMHD<2466.T>    6月26日  1→100
Vコマース<2491.T>    6月26日  1→100
日本和装HD<2499.T>   6月26日  1→100
きちり<3082.T>      6月26日  1→3
GDO<3319.T>      6月26日  1→100
ランシステム<3326.OS>   6月26日  1→100
ビリングシステム<3623.T> 6月26日  1→100
サイオス<3744.T>     6月26日  1→100
アエリア<3758.OS>     6月26日  1→100
ガイアックス<3775.NG>   6月26日  1→100
フィスコ<3807.OS>     6月26日  1→100
モーニングスター<4765.OS> 6月26日  1→300
ソフトブレーン<4779.T>  6月26日  1→100
トライアイズ<4840.OS>   6月26日  1→10
アモスク<6888.OS>     6月26日  1→100
パイロット<7846.T>    6月26日  1→100
ラ・アトレ<8885.OS>    6月26日  1→100
エリアリンク<8914.T>   6月26日  1→100
MHグループ<9439.OS>   6月26日  1→100

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)