テックファームが反落、信用取引規制の強化を嫌気

 テックファーム<3625.OS>が反落。大阪証券取引所が7日売買分から、信用取引について委託保証金率を現行の30%以上から50%以上(うち現金20%以上)とする臨時措置としたことを発表。また、大証金も同日以降、貸借取引自己取引分などにかかる貸借担保金率を現行の30%を50%(同20%)とするとしており、信用取引規制の動きが嫌気されている。

テックファームの株価は13時28分現在29万2900円(▼7100円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)