竹内製が3日ぶり急反騰、為替の円安基調を改めて好感

 竹内製作所<6432.OS>が3日ぶり急反騰となった。同社はミニショベルを主力に欧米での海外販売に注力。輸出比率が9割超と際立って高いことが特徴だ。為替市場は日本が大型連休中に円安傾向を強め、足もと1ドル=99円台前半、1ユーロ=129円台で推移するなど円安水準でもみ合っている。同社の14年2月期は経常3%増益の30億円が見込まれているが、会社側の想定為替レートは1ドル=90円、1ユーロ=120円であり為替面から増額修正余地が大きくなっている

竹内製の株価は14時24分現在2299円(△129円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)