ホンダが急反発、メキシコ起点に北米市場戦略加速へ

 ホンダ<7267.T>が急反発。日経平均の上げ幅が500円を超え、主力株を中心にほぼ全面高になるなか、前週末比155円高の3975円まで上げ幅を広げ、その後もきょうの高値圏で堅調に推移している。3日にはメキシコにトランスミッションの新工場を建設すると発表。現地生産販売会社のホンダ・デ・メキシコ・エス・エー・デ・シー・ブイが建設している四輪車工場に年間生産能力約70万台規模のトランスミッション工場を併設、効率的な生産体制を整備する方針で、メキシコを起点にした北米マーケット戦略の加速が期待された。

ホンダの株価は14時47分現在3970円(△150円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)