J・TECが連続ストップ高、なお買い物を残す展開

 ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング<7774.OS>が連続ストップ高でなお買い物を残す。バイオ関連人気の中でもひと際輝きを携えている。再生医療関連の中核銘柄の一社。自家培養表皮や自家培養軟骨など再生医療製品を開発製造しているが、4月から保険の適用対象となっている自家培養軟骨「ジャック」の需要拡大期待が株価の刺激材料。保険適用に合わせて「ジャック」の生産能力を1~2年後をメドに、10倍の年5000個に引き上げる方針が伝えられており、これに期待する「個人投資家資金が継続的に買いを入れている」(国内ネット証券大手)という。日経平均の上昇もさることながら、ジャスダックやマザーズなどの新興市場では、需給先行と割り切ったうえで、バイオ関連株に日計り辞さずの一極集中的な個人資金が向かっている状況で、同社株だけでなく物色は広義にiPS関連といわれる銘柄群多岐にわたっている。

J・TECの株価は15時現在79万9000円(△100000円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)