今週は、14300円台では要注意

中長期チャートでは、大きな上値のフシの1つ
先週は連休の谷間で3日間の営業日しかなく、様子見ムードとなって材料株、テーマ株の物色となるとしました。為替はFOMCや週末の雇用統計次第とし、結果によっては上下どちらかに大きく動くことになるとしました。
結果的に、4月30日(火)、5月1日(水)、2日(木)の3日間は為替が97円台までの円高に振れたことで主力の輸出関連株が一服して、日経平均は前週末から4日連続の下落となり、2日(木)は▼105の13694円と13600円台まで押し目を入れていました。しかし、個別株やテーマ株は活発となって個人投資家中心の相場となりました。週末の雇用統計の結果は予想を上回って為替が一気に99円台の円安となったことで、週明けの日経平均は大きく上昇して始まることが想定されました。
連休明けの7日(火)は、雇用統計の予想を上回る改善でアメリカの景気回復の減速懸念が薄れ、NYダウが大幅上昇となったことで△486の14180円と5日ぶりの大幅反発となりました。ただ大きく上昇した割には売買代金は膨らんでおらず、売り方の買い戻しと仕掛けてきな買いとの見方があります。14300円台には月足での大きな上値抵抗ゾーンがありますので、ここからは注意が必要です。