曙ブレーキの前3月期は前回予想上回り経常62%増益で最終黒字転換

 曙ブレーキ工業<7238.T>は7日取引終了後に前13年3月期の決算を発表した。連結売上高は前の期比1.7%減の2060億5000万円と減収ながら、経常利益は同62.2%増の34億200万円(従来予想31億円)、純利益5億1800万円(同1億円)と前年同期の32億1500万円の損失から黒字転換。北米事業の収益改善で大幅増益になり、完成車メーカーへの売り上げ増と経費削減効果により前回予想を上回った。続く14年3月期の売上高は前期比8.9%増の2244億円、経常利益97.0%増の67億円、純利益4.8倍の25億円と大幅増益を見込む。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)