菱地所が急反落、13年3月期営業2割減益

 三菱地所<8802.T>は大幅反落となった。同社が7日発表した13年3月期の連結業績は、営業利益が前の期比で19.1%減となる1183億4900万円と2割近い減益となり、市場コンセンサスを下回った。これは物件売却収入の計上が今期にずれ込んだことなどが背景にあるが、14年3月期の営業利益見通しについて会社側では35.2%増の1600億円を見込んでおり、これは14年度を最終年度とする中期経営計画ラインの1850億円に250億円少ない水準であり先行きに対する楽観的な見方が後退している。株価は4月5日にマドを開けて上放れた後に高値圏でもみ合っていたが、目先はいったん手仕舞い売りに押される状況となっている。

菱地所の株価は9時37分現在3065円(▼125円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)