永大産業が急反落、前期営業2.6倍増益も好材料出尽くし感

 永大産業<7822.T>が急反落、前日比32円安の493円まで下げ幅を広げている。7日取引終了後に発表した前13年3月期の決算の連結営業利益は前年同期比2.6倍の20億3300万円と大幅増益を達成したが、前日まで連日で年初来高値を更新しており、好業績発表が利益確定売りのきっかけになった。復興支援・住宅エコポイントなど住宅取得支援策に支えられ販売が拡大、納期を大幅に短縮したアイテム数を増やすなど差別化戦略を進めたことが大幅増益の要因。今3月期の売上高は前期比1.9%増の626億1000万円、営業利益5.3%増の21億4000万円と保守的な見通しを出したことも当面の材料出尽く感につながったようだ。

永大産業の株価は9時54分現在495円(▼30円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)