☆「ドル/円」⇒:平均足改良版(8時間足ベース)は「陰線」転換に:

■ 8時間足トレンドチェック

----------------------------------------------------------

※このトレンドチェックでは、原則「平均足改良版の8時間足
 チャートを使って現在のトレンドを確認することが目的で、
「FXトレンド指南」とは異なるロジックです。

☆「ドル/円」⇒:平均足改良版(8時間足ベース)は「陰線」転換に:
(第1ポジション⇒+915P達成)(第2ポジション⇒+1208P達成):
先週後半に中期レジスタンスの98円40銭を超えたことで、
上昇トレンドに再転換し、99円ミドルまで上昇したものの、依然
100円の壁が重くなっています。現在の平均足改良版は「陰線」
となっていることから、下値を試す可能性がありますが、97円の
サポートを割らず、「陽線」に転換したタイミングが「押し」完了と
なり買いとなります。

☆「ユーロ/ドル」⇒:「押し目」完了の可能性:
(第1ポジション⇒+1346P)、(第2ポジション⇒+1344P):
アジアタイムでの中期サポートは1.3030レベルで横ばいから
やや上昇しています。この状況下、平均足改良版は「陽線」
に転換する可能性がでてきています。16時には確定します
ので、陽線確定後は「買い」ポジション保有の展開となります。

☆「ポンド/ドル」⇒:中期サポートを下割れ、売りに傾く:
(第一ポジション⇒-20P)(第2ポジション⇒+1066P達成)
昨日、中期サポートを割りこんだことで、売り(1.5499)、
目標値は1.5436となっています。また中期レジスタンスは
1.5587レベルとなっています。