<話題の焦点>=宇宙開発の節目の年、夢も膨らむ関連銘柄に注目

 2013年は宇宙開発の節目となる年となりそうだといわれていることはご存じだろうか。というのも、宇宙航空研究開発機構(JAXA)は今年度、03年の発足以来、過去最多と並ぶ4機のロケットの打ち上げを予定しているからだ。今後、宇宙関連の話題も増えてくると予想される。

 今年打ち上げられるロケットのうち、最も注目を集めそうなのが、夏に打ち上げが予定される「イプシロン」だ。同機は06年に中止となった固体燃料ロケットの後継機。固体燃料ロケットは構造が簡単で取り扱いやすいが、費用がかかるとして、06年にM5ロケットを中止して以来7年ぶりのこととなる。

 今回はH2Aロケットなどで培った技術を活用することで、打ち上げ費用をM5の半額の40億円弱に抑えた。このほか、人工知能を備え、ロケット自身が本体や搭載機器をセルフチェックできるようにしたのも特徴だ。

 さらに、H2Bロケット4号機やH2Aロケット2機の打ち上げの予定もある。特にH2Bロケット4号機には、東京大などのチームが作った日本語で会話できるヒト型ロボット「キロボ」の搭載が予定されており、冬から日本人初のISS船長として長期滞在する若田光一宇宙飛行士の「話し相手」になる予定だ。夢も膨らむ宇宙開発関連銘柄に今から注目したい。

◆主な宇宙開発関連銘柄

三菱電機<6503.T>   2011年にトルコ国営通信会社から通信衛星を受注
NEC<6701.T>    2010年に帰還した「はやぶさ」のシステムを手掛ける
三菱重工業<7011.T>  H2Aロケットなど手掛ける国内宇宙開発の雄
川崎重工業<7012.T>  ロケット部品のほか宇宙飛行士の養成・訓練など手掛ける
IHI<7013.T>    「イプシロン」の固体ロケットシステムを開発
富士通<6702.T>    データ処理系や追跡管制系などの地上設備を手掛ける
桜護謨<5189.T>    航空・宇宙関連の高品質ゴム製品部品を手掛ける
住友精密工業<6355.T> H2Aロケット向けに機械式のジャイロセンサを開発

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)