Jフロントは軟調、株価上昇で大和証は「3」に格下げ

 Jフロントリテイリング<3086.T>が軟調。株価は一時、18円安の808円まで値を下げた。大和証券は7日、同社の投資判断を「2(アウトパフォーム)」から「3(中立)」に引き下げた。目標株価は750円に置いている。株価の上昇によりPBRは1.2倍台に達したこともあり、「経営改革への評価は不変だが、いったん利食いの局面にある」としている。同社の2017年2月期を最終年度とする次期中期計画では「営業利益500億円」とともに「ROE(自己資本利益率)8%」を掲げており、同証券では「ROEの向上を経営目標に掲げた点はポジティブ」とも指摘している。

Jフロントの株価は12時44分現在817円(▼9円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)