フタバ産業が反落、前3月期政策効果一巡と特損計上で赤字転落

 フタバ産業<7241.T>が反落。7日取引終了後に発表した前13年3月期決算はコストダウン効果で前回予想は上回ったものの、エコカー補助金など政策効果の一巡と特損計上で営業から最終まで全段階で赤字に転落(最終損益は40億4000万円の赤字)したことが嫌気された。今3月期の連結売上高は前期比3.2%増の3770億円と増収で、経常利益14億円と黒字浮上を予想したが、無配を継続することが買いを手控えさせているようだ。

フタバの株価は13時29分現在471円(▼4円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)