新興市場(大引け)=ジャスダック平均、マザーズ指数とも3日続伸で高値

 8日大引けの新興市場は日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数とも3日続伸、年初来高値を更新した。
 日経ジャスダック平均は前日比14円49銭高の2100円64銭。
 JALCOやKSK、シンバイオ、コスモ・バイオ、システムディ、IGポートなどがストップ高となり、A&Tやブロッコリーも大幅続伸となるなど幅広い銘柄が賑わった。半面、クリムゾンが急落、アールテックやテックファーム、サクセスHDなども値を崩している。
 東証マザーズ指数は前日比32.74ポイント高の1029.85。
 タカラバイオを筆頭にJMNC、サイバーステップ、DDS、ブレインパッド、コロプラなどがストップ高、アンジェスMGやメディネットを含めてバイオ関連が賑わった。半面、ドリコムが急落、UMNファーマやGTS、ユーグレナ、青山財産なども値を崩している。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)