熊谷組の13年3月期最終損益は赤字幅縮小、一般管理費減少などが寄与

 熊谷組<1861.T>は8日、2013年3月期の連結業績予想の修正を発表した。最終損益は従来予想の16億円の赤字から10億8000万円の赤字(前の期は15億9300万円の黒字)へ赤字幅は縮小する見通しだ。一般管理費の減少と為替差益に加え、貸倒引当金戻入金を計上することにより、収益は改善することが見込まれている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)