トヨタ、14年3月期営業利益は36%増の1兆8000億円予想

 トヨタ自動車<7203.T>は8日引け後、2014年3月期連結業績見通しを発表した。営業利益は、1兆8000億円(前期比36.3%増)になるとした。売上高は23兆5000億円(同6.5%増)、純利益は1兆3700億円(同42.4%増)をそれぞれ見込む。想定為替レートは1ドル=90円、1ユーロ=120円。
 14年3月期のグループ世界販売(ダイハツ、日野ブランドを含む)は、過去最高となる1010万台を目指す。回復基調にある北米や、需要が急拡大する東南アジアを中心に販売を拡大する方針。
 なお、同日発表した13年3月期連結決算は、売上高が22兆641億円(前の期比18.7%増)、営業利益は1兆3208億円(同3.7倍)、純利益は9621億円(同3.3倍)となった。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)