【売り】三菱UFJフィナンシャル・グループ (8306) 外国人投資家の買い意欲は強いものの、デイトレでは陰線を付ける可能性 = フェアトレード 西村 剛

外国人投資家の買い意欲は強いものの、デイトレでは陰線を付ける可能性
■注目銘柄
三菱UFJフィナンシャル・グループ (8306)

■注目理由
5月8日(水)の日経平均株価は、1万4285円69銭と前日比+105.45円高と続伸した。NYダウが高値更新したことで、外国人投資家の買い入る展開となった。明日以降も、継続して買いが入りやすい展開が予想されるが、デイトレでは前日5月7日同様に陰線を付ける可能性が高いと判断した。5月7日は、前場に高値673円を付けたが、後場にかけて利益確定売りに押されたために終値666円の陰線となった。5月8日も同様の展開になる可能性が高いと判断した。日本株が買われやすい地合いであることには依然変わりはないが、デイトレでは売りと判断した。