ダイキン、14年3月期の営業利益は41%増の1250億円を予想

 ダイキン工業<6367.T>は、8日引け後に14年3月期の連結業績見通しを発表した。売上高1兆7600億円(前期比36.3%増)、営業利益1250億円(同41.0%増)、純利益640億円(同46.8%増)と、大幅な増収増益を見込んでいる。想定為替レートは、1ユーロ=125円、1ドル=95円を前提にしている。
 具体的には、現地ニーズに沿った商品の開発・拡販による新興国市場での事業拡大の加速、買収した米住宅向けエアコン大手のグッドマン社との事業シナジーの極大化をはじめ、環境イノベーション事業の拡大、変動費コストダウンの推進、さらには固定費や在庫の削減など全社重点課題を推進する。
 なお、同時に発表した13年3月期の連結決算は、売上高1兆2909億300万円(前の期比5.9%増)、営業利益886億2700万円(同9.2%増)、純利益435億8400万円(同5.9%増)となった。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)