田辺三菱は反落、SMBC日興証が目標株価を1600円に引き上げ

 田辺三菱製薬<4508.T>は反落。一時、前日比107円安の1436円まで売られている。SMBC日興証券が8日付のリポートで、投資判断「2(中立)」を継続しながら、目標株価を1450円から1600円に引き上げるとしている。
 リポートでは「14年3月期の業績見通しについて、為替前提を1ドル=93円から100円としたことから、多発性硬化症治療薬ジレニアの特許料を増額する一方、販売不振であった国内医療用医薬品販売予想を減額した。しかし、医薬品セクターの平均PER上昇に伴い、今後6~12カ月の目標株価を変更した」としている。

田辺三菱の株価は10時13分現在1469円(▼74円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)