アイフル活況高、需給相場再燃へ

 アイフル<8515.T>が大幅高で4日続伸、投機資金の買いを背景に活況高が続いている。4月23日に4年7カ月ぶりの4ケタ大台復帰を果たしてからしばらく売り物をこなす展開だったが、ゴールデンウイーク明け以降に一気に上げ足を強める展開となった。個人投資家の売買ウエートの高い銘柄ながら、株価変動幅の大きさと出来高流動性の厚さを併せ持っており、一部では海外のヘッジファンド系資金の流入観測も根強い。信用取組は直近買い戻しが入り売り残が2000万株を割り込んできているが、それでも信用倍率は1.9倍台でバランスを保っており取組妙味を内包している。当面は、日銀の異次元緩和を追い風に流動性相場の象徴株として存在感を誇示する展開が続きそうだ。

アイフルの株価は11時2分現在1212円(△84円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)