野村HDが大商いで800円台を回復、海外勢の買いも観測

 野村ホールディングス<8604.T>が大幅高で4日続伸。09年9月以来3年8カ月ぶりの800円台回復となった。売買代金も11時現在で1000億円を超え東証1部で断トツの商いとなっている。日銀の「異次元緩和」による効果でリスクマネーの証券市場への流入が加速、株式売買手数料や投資信託需要の拡大などが引き続き収益に寄与するとの思惑が株価を押し上げている。「買い主体には海外投資家の大口買いも観測」(準大手証券)される状況で、株高思惑を増幅。同社の前3月期の連結最終利益は1072億3400万円と前の期比で9.3倍となる大幅な伸びを示したが、今3月期も最終利益は前期比3割近い増益が市場コンセンサスとなっている。

野村HDの株価は11時17分現在826円(△38円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)