NTTデータが急伸、一時ストップ高を演じる人気に

 エヌ・ティ・ティ・データ<9613.T>が急騰、朝方に前日比値幅制限いっぱいの38万3000円まで買われる場面があった。その後は伸び悩んでいるものの戻り売りをこなして強調展開を続けている。同社が8日発表した13年3月期の連結業績は、事業会社向けのシステム構築需要が好調で最終利益が前の期比42.9%増の435億1700万円と大きく伸びた。また、14年3月期の最終利益についても450億円見通しと増益を確保する見通しで、業績面での買い安心感が底流にある。ただ、元来上値の重い同社株がストップ高まで買われた要因は、9日の衆院本会議で採決する方向となったマイナンバー制度の関連最右翼としての位置付けが大きく作用したとみられる。マイナンバー制度の導入で最も恩恵を享受するとみられるのがシステム構築に関わる企業であり、同社はその代表格だ。社会保険オンラインシステムや、住民基本台帳ネッワークシステムなどで、公共・官公庁関連向けのシステム構築で圧倒的な実績を持っているだけに、同テーマでも中核銘柄と目され買いを呼び込んでいる。

NTTデータの株価は12時50分現在34万6000円(△3万3000円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)