ベネッセは軟調、4月会員数の減少を懸念

 ベネッセホールディングス<9783.OS>は軟調。4月の「進研ゼミ」「こどもちゃれんじ」の会員数が国内で前年同月比5.9%減と落ち込んだことを懸念する見方が出ている。大和証券では「4月の会員数は前年を大きく下回っており、ネガティブな印象」とし、8日に投資判断を「2(アウトパフォーム)」から「3(中立)」に引き下げた。目標株価は3600円に置いた。同証券では、「4月は過去10年で最も厳しいスタートとなった」と指摘したうえで「原因究明と早期の対策実施を待ちたい」としている。

ベネッセの株価は12時50分現在3775円(▼40円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)