NSDが後場上げ幅を拡大、好決算と自社株買い発表

 NSD<9759.T>が後場に入り上げ幅を拡大してきた。午後2時頃に連結決算を発表しており、13年3月期が売上高366億3200万円(前の期比6.5%増)、経常利益45億3000万円(同23.5%増)と2割強の増益となったのに続き、14年3月期も売上高400億円(前期比9.2%増)、経常利益49億円(同8.1%増)と増収増益を見込み、14年3月期の年間配当についても28円(前期27円)と連続増配を見込んでいることを好感している。14年3月期は、国内景気の回復に伴い企業のIT投資が増加し、環境が改善すると予想。その中、引き続き情報サービス事業の拡大を見込むほか、自社開発商品・サービスの拡販や海外事業の積極展開などを見込んでいる。
 なお、同時に自社株取得枠の設定を発表したこともプラスに評価。100万株(発行済み株式数の2.35%)、10億円を上限としており、取得期間は5月10日から6月21日まで。

NSDの株価は14時24分現在1212円(△96円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)