ソフトバンクが大幅高、ITバブル期以来の高みに到達

 ソフトバンク<9984.T>が大幅高で4日続伸、前日上ヒゲで到達した5000円大台ラインをきょうは大きくクリアしており、上値指向の強さを物語っている。株価はITバブルの余韻冷めやらぬ2000年6月以来となる高値水準に到達し、さらに高みを目指す展開だ。米携帯電話大手のスプリント・ネクステルの買収計画ではその是非についての意見が相半ばしているが、前日に米国で公表した資料で「(スプリント・ネクステルの買収で)2014~17年に年間平均20億ドル以上のコスト削減効果が見込まれるという見通しを発表したことが株価上昇の足掛かりとなっているようだ」(市場筋)という。国内に目を向けても携帯電話事業は相変わらず好調をキープ、携帯電話契約の純増数は4月までの実績で16カ月連続の首位となった。

ソフトバンクの株価は14時52分現在5320円(△360円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)