油研工が13年3月期業績見込みを上方修正、円安進行が売上高・利益に寄与

 油研工業<6393.T>がこの日の取引終了後、集計中の13年3月期の連結業績について、従来予想の売上高245億円、経常利益5億円から、売上高259億円(前期比4.0%減)、経常利益8億8000万円(同22.7%減)になりそうだとの上方修正を発表した。円安の進行を受けて売上高が増加することに加えて、生産の効率化や固定費の削減などに取り組んできた効果のほか、円安進行も寄与したとしている。また併せて、従来未定としていた13年3月期期末一括配当を5円(前期4円)にすると発表した。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)