長谷工の今期純利益は連続2ケタ増益に、マンション事業の好調続く

 長谷工コーポレーション<1808.T>の14年3月期は連結純利益は前期比14.8%増の150億円と連続2ケタ増益が予想されている。首都圏や近畿圏でのマンション需要増で、好調な業績が見込まれている。今期の民間分譲マンションなどを含む単体受注高は前期比4.7%増の3000億円と11年の2755億円から順調に回復する見通しだ。13年3月期の連結純利益は前の期に比べ16.2%増の130億6400万円と従来予想(120億円)を上回り着地している。
 なお、同社は10月1日を効力発生日として、単元株式数を500株から100株に変更するとともに、5株を1株とする株式併合を実施する予定。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)