一休の14年3月期経常利益は2ケタ増益を見込む、「一休.com」順調に拡大へ

 一休<2450.T>がこの日の取引終了後に連結決算を発表。14年3月期は売上高53億3700万円(前期比10.1%増)、経常利益19億円(同11.3%増)と連続最高益更新を見込む。ロイヤルティプログラムによる顧客囲い込みやANAとの提携による取り扱い拡大で主力の「一休.com」および「一休.comビジネス」の宿泊予約が順調に拡大する見通し。これに伴い、配当についても中間配当1500円を新たに実施し、年間配当2800円(前期1300円)を予定している。
 なお、13年3月期業績は売上高48億4700万円(前の期比31.9%増)、経常利益17億700万円(同57.5%増)となった。宿泊取扱高で取扱室数、平均単価ともに増加し主力の「一休.com」が好調だったほか、レストラン、ECなども順調に推移し、販管費の増加を吸収し大幅増益を達成した。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)