ニコンは前期経常46%減益も今期は急回復見込む

 ニコン<7731.T>は9日取引終了後に前13年3月期決算を発表した。連結売上高は前期比10.0%増の1兆104億9300万円と2ケタ増収ながら、経常利益は45.9%減の483億4400万円と大幅減益になった。コンパクトデジタルカメラなど主力の映像関係は堅調に推移したものの、半導体、電子部品の低迷が足かせになった。今3月期はレンズ交換式デジタルカメラの拡大や液晶ディスプレイの回復で、売上高は前期比9.8%増の1兆1100億円、経常利益75.8%増の850億円と2ケタ近い増収で利益急回復を見込む。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)