「短期的には下落余地も、軸は上向き」

「明日はミニSQ」
 本日の日経平均は94.21円安の14191.48円で取引を終了した。朝方は米株高などを受けて買い先行となったが、買い一巡後は上値の重い展開。前日の上ひげ(14421.38円)を突破できなかったことで、上値の重さを意識。中国CPIの上昇率が2.4%と発表されたことも、金融緩和余地が低下したとみなされ、中国株の重しとなった。また、明日、ミニ先物・オプションSQの算出を控え、先物に意図的な売りが出たようだ。 日経平均の日足チャートでは、上影陰線が出現。14400円付近で急速に上値が重くなっており、この付近に“壁”が存在していることは明らかだ。もちろんこれは「テクニカルの壁」であり、一時的な需給による壁。将来的には消滅するものであり、トレンドを崩すものではない。

「恐らくサービス・エリアで小休止」
 高速道路の看板で「エス・何とか」といえば、もちろん「S.A.」である。日本語でいえば「サービス・エリア」であり、疲れたドライバーに束の間の休息を提供する。ちょっとゲームのやりすぎで目が疲れたし、バイオ燃料の調子もあまりよくない。看板には「SQ」と書いてあるが、恐らくこれは「SA」の誤りだろう。「ちょっと休んでいこう」