◎欧米外為市場サマリー

 9日のニューヨーク外国為替市場の円相場は1ドル=100円56~57銭と前日に比べ1円59銭の円安・ドル高。対ユーロでは、1ユー ロ=131円05~09銭と同86銭の円安・ユーロ高だった。
 円は2009年4月以来、約4年1カ月ぶりに1ドル=100円台へ乗せた。この日発表された米新規失業保険申請件数が32.3万件と市場予想(33.5万件)に比べ雇用情勢の改善を示す内容となり、米金利が上昇するなかドル買い・円売りが膨らんだ。
 また、米国景気の回復期待を背景に、市場には「米連邦準備理事会(FRB)による量的緩和が早期に終了する」との思惑が広まった。対ドルで1ユーロ=1.3040~41ドルと前日に比べ 0.0112ドルのユーロ安・ドル高だった。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)