日経平均株価が一時1万4500円回復、4年11カ月ぶり

 10日寄り付き直後の東京株式市場で、日経平均株価は1万4500円台を回復している。日経平均株価が1万4500円を上回ったのは2008年6月6日以来約4年11カ月ぶりのこと。外国為替市場で、円が1ドル=100円台と急落していることで、輸出関連の主力銘柄を中心に全面高となっており、日経平均株価の上昇幅は一時、350円を超えた。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)