加藤製が急反発、国内需要の取り込み成功で13年3月期業績見込みを上方修正

 加藤製作所<6390.T>が急反発し年初来高値を更新してきた。9日の取引終了後、集計中の13年3月期の連結業績について、従来予想の売上高580億円、経常利益11億円を上回り、売上高581億円(前期比0.9%増)、経常利益22億円(同33.9%減)になりそうだとの上方修正を発表したことを好感。中国での油圧ショベル需要は前期を大きく下回った半面、国内需要は震災からの復興需要から、建設用クレーンおよび油圧ショベル需要が増加しており、同社も主力の建設用クレーン販売に注力した結果、想定を上回る出荷を確保することができたとしている。また、これに伴い従来3円としていた13年3月期の期末配当を4円とし、年間配当を8円(従来予想7円、前期8円)にするとした。

加藤製の株価は9時34分現在375円(△19円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)