<前場の注目銘柄>=JVCケンウッド、業務用機器の拡大が継続

 JVCケンウッド<6632.T>の株価は4月4日に226円の年初来安値をつけたが、目先的な売りも一巡し260円前後では底堅い動きとなってきた。

 カーエレクトロニクスの不振から前3月期は連結営業利益で96億300万円(前々期比25.1%減)と大幅な減益を余儀なくされたが、セキュリティシステムを筆頭に業務用システムは好調に推移、今3月期は100億円(前期比4.1%増)と小幅ながらも増益転換となる見込み。

 昨年4月に持ち分法適用会社となった車載AVメカ大手のシンワの戦力化からも業績は回復基調に向かう期待が高まる。BBC(英国放送協会)にHDカメラが採用されるなど業務用の拡大が続こう。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)