ブロードリーフの騰勢加速、好業績と需給思惑で風雲急の気配

 ブロードリーフ<3673.T>の上値追いが加速してきた。きょうで5連騰、売買高も継続的に集めており「特定筋の買い観測も根強い」(中堅証券営業体)といわれてきたが、その片鱗を見せ始めている。同社は業種特化型のアプリケーション開発・販売、メンテナンスなどを手掛けており、今年3月22日に上場したばかり。上場時に大株主が米投資ファンドのカーライルグループということで一部市場の注目を集めたが、既に全株を売却したことで新たな需給思惑を再燃させている。直近はJPモルガン・アセットが保有株を減らす一方で、日本の中小型株に興味を示すブラック・ロックが6%超の大株主に登場するなど風雲急の気配だ。ブロードリーフの業績変化率は抜群で13年12月期は売上高が前期比14.1%増の178億5100万円、最終利益が同2.56倍の20億8900万円と急拡大する見通しだ。

ブロードリーフの株価は10時56分現在2118円(△95円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)