リコーが4日続伸、業績回復と円安の恩恵も評価

 リコー<7752.T>が4日続伸、為替市場での円安進行を背景に買いに弾みがついている。同社の13年3月期は営業損益が634億3400万円と前の期の赤字から脱却、14年3月期の営業利益も前期比2.2倍となる1400億円を見込むなど業績回復が鮮明だ。人員削減を含めコスト削減に積極的に取り組んだほか、複写機販売後の消耗品などアフタービジネスで利益を稼ぐ従来型戦略の追及で経営立て直しに成功している。また、同社は対ドル1円の円安で13億円の利益創出が試算されるほか、対ユーロではさらに感応度が高く1円の円安で15億円の利益が発生すると試算されており、現在の円安進行も大きな追い風となっている。

リコーの株価は11時29分現在1150円(△41円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)