ウシオ電が大幅反発、14年3月期65%営業増益見通しを好感

 ウシオ電機<6925.T>が大幅反発し連日の年初来高値を更新。12時35分現在で東証1部の値上がり率2位となっている。9日引け後に発表した連結決算で、13年3月期は売上高1434億6100万円(前の期比4.4%減)、営業利益75億8200万円(同29.1%減)、純利益71億5500万円d脳18.2%減)と減収減益に終わったが、続く14年3月期は売上高1600億円(前期比11.5%増)、営業利益125億円(同64.9%増)、純利益100億円(同39.8%増)と大幅増益を見込んでいることが好感されている。
 14年3月期は為替の円安効果に加えて、デジタルシネマプロジェクタの普及に伴うランプ需要も堅調推移が見込まれるほか、スマートフォンやタブレット端末の好調で設備投資や設備稼働率の回復が期待されることから液晶部材の回復を見込んでいるという。

ウシオ電の株価は12時40分現在1361円(△274円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)