長谷工は軟調、SMBC日興は「2」を継続

 長谷工コーポレーション<1808.T>は軟調。株価は、一時前日比11円安の136円に売られた。同社は9日に決算発表を行い、2014年3月期の連結純利益は前期比14.8%増の150億円と2ケタ増益の予想を示した。首都圏や近畿圏でのマンション需要増で好調な業績が見込まれている。また、同社は10月1日を効力発生日として、単元株式数を500株から100株に変更するとともに、5株を1株とする株式併合を実施する予定だ。
 この決算発表に対してSMBC日興証券は9日、「業績は堅調だが工事利益率回復は想定より遅い」として投資評価の「2(中立)」を継続した。労務費の上昇を主因に完成工事利益率の回復が遅れていると指摘している。ただ、今後の増益予想を背景に目標株価は80円から105円に引き上げている。

長谷工の株価は12時41分現在138円(▼9円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)