トヨタ紡織が7日ぶり高値、パキスタンで自動車部品生産の合弁会社設立

 トヨタ紡織<3116.T>が7日ぶりに年初来高値を更新した。円安進行で自動車関連がほぼ全面高商状のなか、9日にパキスタン自動車部品メーカーのタール社、豊田通商の3社で、自動車部品生産合弁会社を設立することに合意したと発表したことが支援材料になっている。パキスタンへの生産進出は今回が初めて。これまではタイなど周辺国から現地に供給するシートフレーム構成部品やエアクリーナーを生産してきたが、工程の一部をタール社の工場を活用する新会社に移管、2014年7月をメドに生産を開始する。

トヨタ紡織の株価は12時59分現在1529円(△76円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)