小森コーポレーションは前期経常黒字転換、今期は87%増益見込む

 小森コーポレーション<6349.T>は10日取引終了後に前13年3月期の連結決算を発表した。売上高は前年同期比3.4%減と微減益ながら経常損益は17億6200万円と前年同期の42億7800万円の損失から黒字転換、生産合理化や海外購買比率引き上げなどコスト対策効果が表面化した。最終損益は固定資産の減損処理を行ったことで赤字が残った。今14年3月期の売上高は前期比10.3%増の770億円、経常利益87.2%増の33億円、最終黒字転換を見込む。オフセット印刷を中核にデジタル印刷を強化するなど業態変革を進めることで収益体質を強化する。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)