東急が13年3月期業績を増額修正、不動産賃貸業などが好調

 東京急行電鉄<9005.T>は10日、13年3月期の連結業績の増額修正を発表した。売上高は従来予想の1兆625億円を1兆680億円(前の期比2.3%減)に見直したほか、経常利益は478億円を562億円(同3.9%増)、純利益は330億円を430億円(同19.7%増)に増額した。不動産賃貸業が好調だったほか、持ち分法投資利益の増加が収益を押し上げた。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)