上昇基調継続で押し目探りの展開

円安進行も目先の警戒感は出る
ドル円は101円台の後半に進みつつあり、市場にも買い安心感は広がっているものの、この水準までは急騰しているので、目先の押し目の目処を探る動きも出て来ます。位置的には14750円に絡んだ動きが予想されますが、寄り付きは窓空けが予想されるので、まずはそれをどの程度払拭してくるのか、ある程度は埋める方向で想定しておきたいと思います。ここ数日での急騰もありましたので、為替が大きく円安進行しない限り、先物も14750~14600辺りまでの、小動き・微調整を予想しておきます。上の目処はCMEのドル建て高値14800超えがターゲットになってきます。