ピクセラが反落、13年9月期連結業績予想を下方修正で

 ピクセラ<6731.T>が反落。10日の取引終了後に13年9月期の連結業績見通しを、従来予想の売上高68億7800万円、経常利益3億6100万円から、売上高48億8400万円(前期比17.1%減)、経常損益4700万円の赤字(前期5億5800万円の赤字)に下方修正したことを嫌気。パソコンやデジタルカメラの需要が伸び悩んでいることを背景に、それらの製品向けテレビキャプチャーボードや画像編集ソフトウェアなども引き続き弱含みで推移していることが要因としている。
 なお、同時に発表した第2四半期累計(10~3月)連結決算は、売上高21億7300万円(前年同期比40.7%減)、経常損益2億3500万円の赤字(前年同期1億1300万円の赤字)と赤字幅が拡大した。

ピクセラの株価は9時39分現在182円(▼5円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)