フェイスが7日続伸、前3月期の利益増額を好感

 フェイス<4295.T>が7日続伸。10日大引け後に前13年3月期の通期予想を連結売上高で当初計画の68億円から67億3200万円(前々期実績334億1500万円)へ下方修正したが、営業利益では9億円から10億円(同15億7600万円)、純利益では8億円から11億円(同66億6500万円)へ増額修正したことが好感されている。コスト管理の推進効果や、連結子会社が予想を上回って繰延税金資産を計上することから、法人税などが減少する見込みであることが利益を押し上げている。今年2月には携帯公式ファンサイト事業を行うエンターメディアを子会社化しており、M&A効果も期待される。

フェイスの株価は9時57分現在1万2700円(△150円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)