<前場の注目銘柄>=エンプラス、オプト事業が急拡大

 エンプラス<6961.T>に注目。同社が発表した14年3月期の連結業績は、売上高300億円(前期比14.3%増)、営業利益60億円(同31.7%増)を見込んでいる。

 同社は主力収益源であるオプト事業の14年3月期の売上高を130億円(前期比32.7%増)と想定。LED光源液晶テレビ向けで、コストメリットのある光源直下型タイプの拡散レンズを製造しており、急速に採用が拡大し、売上高が急成長をみせている。既に主要顧客向け新製品が本格量産に入っていることを考慮すると、売上、利益ともに上方修正となる可能性が高い。

 株価は、直近で急上昇しているため、中期的視点に立ち押し目買いスタンスで臨みたい。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)