プロトコーポが続落、14年3月期2ケタ増益見通しも市場予想を下回る

 プロトコーポレーション<4298.OS>が続落。10日の10日の取引終了後に発表した連結決算で、14年3月期は売上高567億6000万円(前期比48.2%増)、経常利益48億2100万円(同10.3%増)と2ケタ増益を見込むものの、市場予想の経常利益60億円弱を下回ったことから売られている。自動車関連情報事業で取引社数の拡大を見込むほか、4月より連結子会社となったオートウェイの寄与もあり大幅増収を予想。利益面では自動車関連事業の新サービス展開に伴う先行投資やのれん償却費の増加などで増収率に比べて鈍化する見通しだ。
 また同時に、15万株(発行済み株式数の0.72%)、2億円を上限とする自社株買いを発表したものの、これに対する反応は限定的のようだ。

プロトコーポの株価は9時44分現在1570円(▼87円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)