OBARA-Gが続伸、いちよし経研が妥当株価を引き上げ

 OBARA GROUP<6877.T>が3日続伸。7日に決算を発表して以降、業績見直しの動きとなっているが、この日はいちよし経済研究所が投資判断「A」を継続し、妥当株価を2000円から4000円に引き上げたことが観測されている。溶接機器関連事業はアジア向けの受注好調が続く見込みであるほか、平面研磨装置関連事業の半導体向け製品の引き合いが増加傾向にあることなどに注目。13年9月期以降の業績予想を営業利益で13年9月期55億円から67億円へ、14年9月期59億円から74億円にそれぞれ引き上げている。

OBARA-Gの株価は11時14分現在3190円(△145円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)